子育て

【子育て4コマ】手つなぎイヤイヤと対処法

我が家には男の子3兄弟がいます。

一番上から12歳、8歳、1歳。仲良し3兄弟。

今回から子育て4コマやイラストに挑戦してみます!うまく描けるようになるといいなぁ。

初回は1歳の三男とお散歩する時の困りごとについて。

 

手つなぎイヤイヤ!

小さい子を連れていると常に危険と隣あわせなお出かけ。

道路に飛び出してみたり、坂道を転がり落ちていったり、虫の死骸を掴もうとしてみたり、知らない人になぜか吸い寄せられるようにぶつかって言ったり・・・

田舎道でも、自由にさせておくのは危険がいっぱい!

 

だから、手をつなぎますよね?でもそこは自由気まま気まぐれ大好きな子どもたち。

こうなりませんか?↓↓

せっかく繋いだ手をすぐに振りほどく・・・。何なら最初から振りほどく。そして逃げる。捕まると座り込んで、ひっくり返って抵抗。なだめようとも、抱っこしようとも拒否。道端でこれは困り果てる・・・。

泣き落とし&よろこび作戦!

でもそんな時、声のかけ方を変えるだけで、手を繋いでくれるようになることも(うちの子の場合はだいたいうまくいく)。

保育園帰り、毎回逃げる三男ですが「手を繋がなきゃ駄目だよ」と言うと嬉々として逃げ回ります(何故)。

ところがところが!「えー・・・お手て・・・・繋ぎたかったなぁ・・・」としょんぼりすると、急いでそばに戻って手をスッと差し出してくれます!もうね、「しかたないなぁ。つないであげるー」と言わんばかりにドヤ顔で手を差し伸べてくれるのが可愛い(笑)

「えーー!!!いいの!!?ありがとー!」っと手を繋ぐと、にこーーって、します!

可愛いー!

お出かけ中に何度か繰り返しますが、三回くらいはこれで対応可能。途中で公園とか、休憩スペースとか自由遊びをしたら、また回数リセット。

この方法でも対応しきれなくなった時は・・・

子どもを脇にかかえて、「飛行機ブーーーーン!!」って走り去る!!!体力が持つ間に気分が変わってくれれば幸い。お母さんは重労働ですね・・・。

※効き目には個人差があるのでご注意ください。用法用量を守っても無効な場合もあります。