マインド

【時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」】とこれからの私

ここ最近、なんだか集中できず、何も手に付かずという日が続いていました。

仕事や家事・子育てに忙しくはしていますが、だからと言って何もできないほど忙しいわけではなく。気が散漫になってダラダラしまって、ついネットサーフィンしてしまったりという時間が増えた感じ。気が競ってばかり。

そんな折り、いつも見ているブログで「時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」という本が紹介されていました。

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」はこんな本

もともとライフハックや時間管理ワザは好きで、よくネットで調べたり本を読んだりしています。でも「時間術大全」でキーになる「ハイライト」という手法は初耳だったんですよね。

さらに著者のジェイク・ナップとジョン・ゼラツキーはそれぞれGoogleとYoutubeという出身畑。本のレイアウトがブログのように読みやすい、という点にも惹かれ、本屋で少し立ち読み⇒即購入(!)に至りました。

表紙はちょっと難そうでとっつきにくい印象でしたが、中身は本当に見やすいです。

私が本を購入するきっかけになった記事はこちら。

↓↓↓

気になった方は是非読んでみてください!

「ハイライト」を決めると、1日が楽しくなってくる!

この本のメインの内容は「ハイライト」という概念。
毎日ハイライトを設定し、下のように4ステップを繰り返します。

  1. 朝にその日のメインイベント「ハイライト」を決め、一日の流れと戦術を考える
  2. それから気を散らすものを撃退する「レーザー」で集中する
  3. 体を使って脳を充電する「チャージ」で回復
  4. 1日の終わりに振り返る「チューニング」を行い、システムの調整・改善をする

「ハイライト」は簡単に言うと「1日の目玉になるイベント」のこと
朝にその日の優先事項を決め、スケジュールを優先的に確保するようにします(それだけを行うわけではなく、あくまでも優先事項です)。

タスク管理では、いくらタスクをこなしても作業に追われ、時間に追われる。そのため人生が楽しくならない。

かといって長期目標のような遠すぎる未来は、やる気につながらない。

というところから中期的な目標「ハイライト」を生み出されたとのこと。

レーザーはデジタルデトックスをメインとした内容が多め

著者の経歴から分かるように、お二人ともデジタルが大好き。それだけにデジタルツールに振り回される苦い思いも経験済み。そのためか、デジタルデトックスをメインにした集中の仕方が紹介されています。
正直「そこまでは・・・」というものもありますが、全てやる必要はなし。自分に合ったものから取り入れていけば良いのです(と著書内でも繰り返し述べられています)。

「目新しい概念」としての読み応えが十分

色々な時間ワザが載っていますが、正直なところ1つ1つの手法は目新しいわけではありません。
この本でとても惹かれた点は

  • とにかく「読みやすい」こと
  • ハイライトという概念がとても「取り入れやすい」ということ
  • 失敗は失敗ではない。改善しながら時間をデザインする

といったところです。

1つのプロジェクトについてのハイライトを1週間連続で行う「ひとりスプリント」という手法はとても効果が高そう!

タスクリストをたくさん書き出して、作業にかかる時間考えて・・・なんて考えなくて良し。

まずは1年後の自分の姿を思い浮かべ、そこに至るまでの1ヶ月毎の目標を書き出して・・・なんて事をする必要もありません。
(もちろん、それを行うことでより目標や過ごし方が明確になるなら行うにこしたことはないでしょうが、最初からやる必要はありません。)

  • まずは「ハイライト」をひとつだけ手帳やふせん、メモアプリに書き込む。
  • 「レーザー」と「チャージ」の戦術の中から1つ選んで実行する。
  • 実行したら1日の終わりに少しだけ振り返りってみる。

これだけです。
すると不思議不思議。一度動き出すと、何故かやりたい事や忘れていたわくわくした気持ちが溢れてきます。毎日が楽しくなります。

1日の最後に少しだけ振り返って、システムのアップデートを行います。

ひすい
ひすい
「アップデート」って、なんだかわくわくしませんか。
  • 一日のうち何度でも「ハイライト」は変更できる
  • うまくいかなくて当然。そのために「チューニング」がある

というゆるさも、取組むためのハードルを下げてくれています。

著書の中で、何度も「やり直して良い」という意味合いの言葉が出てきます。一度失敗したら嫌になる真面目なあなたに、とってもオススメですよ!

私は「ハイライト」で前向きに。どんどん実行していきたい。

私は今、子育てをしながらお仕事をしていますが、正直ずっと続けたいお仕事ではありません。その為のひとつの手段として、インターネットでできる副業をしています。
副業収入を増やし、ウェイトの低い仕事ややりがいある仕事に転職したいのです。家の事や子育てに使える時間が増えますし、私自信やりたい事がたくさんあります。贅沢な願いがたくさんあります。

自分で時間をデザインする

今までは「今年はこれを頑張る」「3ヶ月スパンの目標を」「今月はこれに集中!」なんて期間にしばられ、うまくいかないとモチベーションが下がって・・・の連続でした。

タスクをたくさん書き出しいっぱいいっぱいになったり、タスクに無いこと(ちょっとした家事など)が疎かになった時なんかは罪悪感を感じてしまっていました

今回の「ハイライト」という概念は、自分に縛られない、時間を自分でデザインするとても魅力的な考え方です。自分で決めたハイライトに(完了しなかったとしても)取組めたのであれば、時間をちゃんと使えた満足感を得られます。

なので、たとえその他の事(ちょっとした家事など)が多少上手くいかなかったとしても、罪悪感をあまり感じず前向きでいることができます。

これからは「今月の目標」なんてものに縛られるのもやめよう

今、直近ではやりたいのはダイエットや断捨離。

その日やりたいと思ったことにフォーカスして、自由に取組んでいこう!と思う今日なのでした!

ひすい
ひすい
本日の「ブログを2記事書く」というハイライトはこれで達成!!夜の「チューニング」では自分をたくさん褒めますよ!