手帳

脱・三日坊主!ズボラ主婦でも手帳を続けられた3つのポイント

年末になると、新しい手帳がお店にならびワクワクします。

毎年悩んで色々と手帳を購入してみるものの、以前の私は三日坊主ばかりで、なかなか続けられませんでした。

だけど、どうにかしたい思いはずっとあるんですよね。

来年こそは手帳を通して、もっと理想の自分に近づきたい
だけど、まずは、どうやったら手帳を続けられるようになるの??

そんなあなたに、手帳を続けるための3つの大切なポイントをご紹介します。

  • 手帳を続ける事を目標にしない
  • 手帳をつけるハードルを下げる
  • 手帳を書く時間を決める

どれも、三日坊主だった私が効果を感じたポイントです!

それでは一つずつ見ていきましょう。

手帳を続ける事を目標にしない

続けるためには続ける事を目標にしてはいけない。
いったいどういうことだと思いますか?

手帳は夢や目標を叶えるツールのひとつ

「今年こそ手帳を続ける!」という目標をたてる方は多いと思います(私もその一人でした)。

ひすい
ひすい
ですが、その目標、アウトです!

だって「ただ手帳を書き続けたからって、いったい何になるというの?」

あなたが手帳を続けたいと思う背景には、何か他の理由があるはず。

  • スケジュールをしっかり管理して趣味の時間を作る
  • 好きなことを書き留めてもっと知識を増やす
  • スキルアップのためにすき間時間を活用したい
  • ダイエットを記録して理想のボディーを手に入れる
  • お金の流れを見える化して貯金を増やす

理由は人それぞれですよね。ここで大事なのが、手帳は「夢や目標を叶えるためのツールの一つ」でしかない、ということ。

目的を叶えるために書くからこそ、楽しくて、続けようと思えるんです!

まずは、夢を書き出してみよう

人の脳は、楽しいことだけを続けようとします。楽しくないことは続きません。

だからこそ、叶えたい夢や目標を明確にすることが大切

どんな事を叶えたいのか、まずは書き出してみましょう。ノートやメモ帳でOK。
好きなこと、やりたい事、なりたい自分・・・。

なるべく具体的に(例:1年で10kgやせる)。
難しければ、まずはなんとなくの目標(例:痩せて可愛くなる)を。

ひすい
ひすい
すぐ思いつかなくても、手帳を続けながら考えていけば大丈夫。

「やりたい事リスト」や「好きなことリスト」を作ってみるのもオススメです。

人生でやりたいことリスト100を作って夢を実現させよう!あなたには叶えたい夢、ありますか? 「当然でしょ!」「無いわけないでしょ!」という声が聞こえてきそうですね。 では、もう一つ質問。 ...

次は手帳にどんな事を書くか考えます。
例えば・・・・。

◆ダイエットで理想のボディを手に入れる
⇒理想の体型、毎日の献立や体重・運動の記録

◆資格をとる
⇒一日の過ごし方をスケジューリングする
勉強した時間や内容のメモ

◆節約して100万円貯金する
⇒毎月の貯金目標額
毎日のお金の流れを記録する

ひすい
ひすい
手帳に書き込むたびに、理想に近づく自分を感じてワクワクしましょう!

こんな風に考えているうちに、どんどんワクワクが増えて書きたくなってきます。そのワクワクが、大事!

ひすい
ひすい
手帳を続けていく中で、夢や目標が変わる事もあります。その時はまた書き直せばOK!楽しいと思えることを書きましょう。

書きたい事が決まったら、さっそく手帳のメモ帳欄などに内容を書き写しておきましょう。ここにはインデックスシールを貼って、いつでも見直せるようにしましょう!

手帳をつけるハードルを下げる

目標も書く内容も決まったし、さぁ書くぞ!

・・・と意気込んで、たくさんのカラーペンやルールを用意してはいませんか?

ひすい
ひすい
それはもうちょっと慣れてからにしよう!

私の経験上、ズボラさんはまず、とにかく究極にシンプルな内容から始めることをおすすめします。

次の内容を押さえておけば、手帳を続けることがずっと楽になるはず!

ボールペン1本から始める

ちまたには手帳の本がたくさんでていて、可愛いデコレーションや、デキる人の手帳ルールなど真似したくなる情報で溢れています。

だけど、手帳が続けられないあなたにオススメするのは、まずはボールペン1本で、シンプルに書き込むこと。

「楽しいことはピンクマーカーで」「ノーマネーデーはシールを貼る」こんな簡単なルールすら、続けるための妨げになる事があるからです。

ひすい
ひすい
ルールを思い出すのが億劫になったり、ペンを用意するのが面倒になったり・・・実体験です(トホホ)

こだわりたくても、初めはなるべくシンプルに

1週間くらい続いたら、ひとつだけルールを増やす

1週間くらい続いたら、またひとつ自分ルールを増やしてok

「くらい」という緩さもポイント(笑)

これなら、一気にルールを増やしすぎたり、管理しきれなくなったりということもありません!

始めはもどかしい気持ちもありますが「次は何のルールを追加しようかな?」と考えるのも楽しいですよ!

手帳は開きっぱなしにしておく

中身を家族に見られたくない、という方以外は、ぜひ手帳を開きっぱなしで置ける場所を確保しましょう。

手帳のページがすぐ目に入ると、見たり書いたりする事がとっても楽になります。

そのため、できればパタン・・・と180度開いておける手帳がおすすめ。システム手帳も開いておけますが、書きやすさなら綴じ手帳ですね。

▼180度パタン・・・といえば、やっぱりコレ。

▼ジブン手帳も。24時間週間バーチカルは、1日をフル活用したい方に特にオススメ。

1日1行書き込めれば花マル!

これ、大事!毎日1行でも書き続けるって凄いことです!花マル!

時々振り返って眺めては、「私ってば毎日続けて天才・・・」と、うっとり眺めましょう。

自分で自分を褒めるのは苦手っていう方は、このブログのコメント欄や私のツイッターに、ぜひ書き込んでください。あなたの変わりに、私が大いに褒め倒します!!!

空白のページが出来てしまっても気にしない!

その時はまた明日から頑張ればいいんです。だって、その手帳はあなただけのもの。あなた自身がルールなんですから

1日1分でOK!手帳に向かう時間を決める

最後のポイントは、手帳に向き合う時間を決めること。始めは1日1分でいいので、手帳を開く時間を決めましょう

朝起きてすぐ・お昼休み・通勤電車内・家に帰った直後・夜寝る前など、いつでもかまいません。

ひすい
ひすい
私は頭がすっきりしている朝イチを手帳時間にしています

▼時間の有効活用をしたいなら、こちらの記事もおすすめです

【時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」】とこれからの私ここ最近、なんだか集中できず、何も手に付かずという日が続いていました。 仕事や家事・子育てに忙しくはしていますが、だからと言って何...

1行だけでも書き始めると、案外もっと続けて書きたくなるもの。

忙しくて今日は無理!という時はちょっと眺めるだけでも大丈夫。毎日向き合う時間を作ってること自体が、凄い!!!

ひすい
ひすい
開く事すら出来なかった・・・・という日も大丈夫!その時は、また明日からやり直せばいいんです。

まとめ:手帳は気負わず、楽しく続けよう

試行錯誤してみた2019年。理想にはまだまだ遠い道のりですが・・・少しずつ、少しずつ。手帳に向かい合う日が多く、内容も充実してきました。

手帳を続けるために試行錯誤する中で、2019年は「バレットジャーナル」や「システム手帳」も試してみました。好きなことを綴る「マイノート」もはじめました。

手帳が続かない・・・という方はやる気がないのでなく、やる気がありすぎて、上手くいかなかった時に心折れてしまうパターンが多いのではないでしょうか。

そうならないためには、とにかく気負わないこと。

手帳の中にあるのは、あなただけの世界。ぜひとも、一緒に楽しい手帳ライフを叶えましょう!

▼応援してもらえると嬉しいです。クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村